EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
フランス ナノテクノロジーに関する全国協議を開始へ  
次の記事へ
 件数:10779件
 新着順に表示
 4486-4493件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2009.03.04  情報源 | フランス  カテゴリ | 健康・化学物質 >> その他(健康・化学物質)
フランス ナノテクノロジーに関する全国協議を開始へ
 フランスのボルロー エコロジー・エネルギー・持続可能な開発国土整備大臣、ジュアーノ閣外大臣(エコロジー担当)は、経済産業、科学研究、保健等の担当大臣と共同で、ナノテクノロジーの規制と発展の条件に関する全国協議を実施するため、特別委員会の設置を全国公衆協議委員会に付託した。
 環境グルネル(環境懇談会)では、保健分野に環境への配慮を組み込むことをテーマにしたグループが、ナノ物質に関する潜在的なリスクの扱いについて、公衆協議を実施するよう提案していた。政府は、議会で審議中の環境グルネル法案(第37条)において、年末までに全国公衆協議を実施することを盛り込んでいた。
 全国協議を準備するため、ボルロー大臣は、2008年9月から持続可能な開発委員会事務局に、関連する省庁と連携し、作業グループを構成するよう要請した。この省庁間グループは手続きを準備し、2月23日に8名の大臣、閣外大臣が署名した。
 広範で透明な協議を保証するため、持続可能な開発委員会事務局により準備された文書をもとに、2009年9月まで全国公衆協議委員会によって協議が進められる。独立機関である委員会は、ナノテクノロジーの発展と規制に関する政府の方針づくりに役立つよう、政府に協議期間中の報告書を再び提出する予定。【フランス エコロジー・エネルギー・持続可能な開発国土整備省】
記事に含まれる環境用語 |
エコロジー
持続可能な開発
持続可能な開発委員会
プレスリリース |
http://www.developpement-durable.gouv.fr/article.php3?id_article=4443

ページトップへ