一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

日本とチェコ グリーン投資スキーム実施に向けたガイドラインに署名

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2009.03.26 【情報源】環境省/2009.03.24 発表

 日本国政府とチェコ共和国政府は、平成21年3月24日チェコ共和国プラハにおいて、京都議定書の下でのグリーン投資スキーム(GIS 注1)実施に向けたガイドラインに署名した。
 京都議定書目標達成計画においては、国内対策に最大限努力しても約束達成に不足する差分(基準年総排出量比1.6%)について、補足性の原則を踏まえつつ京都メカニズムクリーン開発メカニズム(CDM)及び(JI 注2)並びにGIS}を活用することとなっている。
 このガイドラインは、平成20年9月に署名された覚書に続く物で、今後チェコ共和国政府との間で、GISを活用した具体的な割当量の移転及び環境対策活動の実施に向けた協議をしていくとのこと。【環境省】【外務省】【経済産業省】


(注1)GISとは、京都議定書第17条に基づく排出量取引のうち、排出量の移転に伴う資金を、温室効果ガスの排出削減その他環境対策を目的に使用するという条件の下で行う、国際的な排出量取引のこと。
(注2)JIとは、先進国同士が共同で事業を実施し、その削減分を投資国が自国の目標達成に利用できる仕組みのこと。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク