EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
EPA 化学物質の毒性評価に新たなアプローチ     
次の記事へ
 件数:10202件
 新着順に表示
 3861-3868件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.09.20

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国立環境研究所では、2011年3月11日の東日本大震災以降、国や地方自治体、大学や関係機関と連携して様々な被災地支援の研究活動を行ってきました。その取り組みは、長年培ってきた環境研究の知識と経験をもとにした「災害環境研究」という新たな分野として位置づけられ進めてきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2009.03.25  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
EPA 化学物質の毒性評価に新たなアプローチ
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、化学物質の毒性評価について新たなアプローチを提示する「EPA 化学物質毒性評価戦略計画」を発表した。
 従来、リスク評価に関するアプローチは、実験動物への集中的な投与を通じて得られたデータに強く依存していた。EPAの意思決定を支える科学的知見は、過去数十年間、こうしたアプローチに支えられてきたが、最近では、化学物質の増加、毒性試験のコストの上昇といった問題に加え、複合汚染、ライフステージに応じた脆弱性、遺伝的な影響の可能性といった複雑な問題への対応が求められるようになってきた。新たなアプローチは、分子生物学とコンピューターサイエンスの進歩を応用して、毒性試験リスク評価の方法を変えるものである。
 このアプローチは、EPA等の委託により、全米研究協議会(NRC)が2007年に公表した報告書「21世紀の毒性試験:ビジョンと戦略」に基づいたもの。同報告書で提唱された改革案を元に、EPAは省庁間の作業部会を設置して検討を進め、今回の計画を策定した。
 新たなアプローチによって、環境中で見られる数千種類もの化学物質について、より効率的に、費用対効果的に、スクリーニングや優先順位付けを実施できるようになると期待されている。【EPA】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
スクリーニング
リスク評価
毒性試験
毒性評価
複合汚染
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/bd4379a92ceceeac8525735900400c27/f53d0d614fd0a57c8525758400624657!OpenDocument
関連情報 |
関連リンク
詳細について

ページトップへ