EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
平成19年度「河川水辺の国勢調査」結果公表      
次の記事へ
 件数:28793件
 新着順に表示
 14859-14866件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2009.04.28  情報源 | 国土交通省  カテゴリ | 自然環境 >> 生物多様性
平成19年度「河川水辺の国勢調査」結果公表
 国土交通省は、平成19年度「河川水辺の国勢調査」の結果概要を公表した。「河川水辺の国勢調査」とは、河川環境の整備と保全を適切に推進するため、河川における生物相を定期的、継続的、統一的に把握することを目的に、河川ダムにおける生物調査等を行うもので、平成2年度より、5年を1巡として実施されてきた。対象は、魚などの水中生物のみならず、水辺や河原の植物や動物も含み、河川における生物相の基礎データを体系的に取得するもの。
 調査により、従来は分布が確認されていなかった地域における種の初確認など、学術上貴重なデータも得られた他、蓄積された情報が全国の河川管理に有効活用され、また大学等における研究のデータとしても利用されてきた。
 平成18年度から4巡目の調査が実施され、今回は平成19年度に実施された一級水系102水系117河川と二級水系10水系10河川、管理中の97ダムにおける生物調査の結果の概要として発表したもの。外来生物が引き続き多くの河川ダムでの定着が確認された他、今回新に17種の外来植物が確認された。また、南方系のチョウであるツマグロヒョウモンの北限が北上していることが確認され、同省では、地球温暖化の影響により北進しているとの見解を示している。【国土交通省】
記事に含まれる環境用語 |
ダム
河川
河川水辺の国勢調査
生物相
地球温暖化
北限
プレスリリース |
http://www.mlit.go.jp/report/press/river03_hh_000151.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
15年3期にわたる「河川水辺の国勢調査」取りまとめ結果を発表(国内ニュース)
絶滅危惧種175種を確認 18年度「河川水辺の国勢調査」(国内ニュース)
絶滅危惧種を254種を確認 17年度「河川水辺の国勢調査」(国内ニュース)
外来生物法の規制対象生物22種類を確認 16年度「河川水辺の国勢調査」(国内ニュース)
関連リンク
河川環境データベース(河川水辺の国勢調査)

ページトップへ