EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
EPA 再生可能燃料の増加を目指す新たな戦略を提案   
次の記事へ
 件数:10165件
 新着順に表示
 3754-3761件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2009.05.05  情報源 | アメリカ  カテゴリ | エネルギー >> バイオマス
EPA 再生可能燃料の増加を目指す新たな戦略を提案
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、再生可能燃料の供給量を2022年までに360億ガロンに増やすための戦略を提案した。この義務的な目標は、2007年エネルギー自立・安全保障法(EISA)に基づくもの。この目標が2022年までに完全に達成されると、外国産の石油への依存度を毎年2億9700万バレル以上減らし、温室効果ガス排出量を毎年平均1億6000万トン削減することができるという。
 今回の提案では、4種類の燃料について、2022年までの目標として、(1)セルロース系バイオ燃料は160億ガロン、(2)通常のバイオ燃料は150億ガロン、(3)先端バイオ燃料は40億ガロン、(4)バイオマス起源のディーゼル燃料は10億ガロン とすることが盛り込まれている。この目標を達成するため、ガソリンやディーゼル燃料の精製業者、輸入業者、ブレンダー向けに、運輸燃料中の混合割合を示す基準(再生可能燃料基準:RFS)をEPAが毎年、計算する。
 また、通常のガソリンやディーゼル燃料と比べ、温室効果ガス排出量が、新しい施設で生産される再生可能燃料については20%少ないこと、バイオマス起源のディーゼル燃料及び先端バイオ燃料については50%少ないこと、セルロース系バイオ燃料については60%少ないこと という温室効果ガス削減基準が新たに設定された。
 EPAでは、さらに、4種類の燃料のライフサイクル全体を通した温室効果ガス排出量等を示すライフサイクル・アナリシス(LCA)について、審査を行う予定である。
 今回の提案については、連邦官報掲載後、60日間にわたって、パブリックコメントを募集する。【EPA】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
バイオマス
温室効果ガス
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/bd4379a92ceceeac8525735900400c27/028f14f22a5224ad852575ad00607923!OpenDocument
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
EPA 再生可能燃料基準を10.21%に(海外ニュース)
ブッシュ大統領 エネルギー自立・安全保障法に署名(海外ニュース)
関連リンク
詳細について

ページトップへ