一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アフリカ諸国 COP15に向けた交渉ポジションに合意

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2009.06.09 【情報源】国連/2009.05.29 発表

 ケニアのナイロビで、5月25〜29日、アフリカ環境大臣会議(AMCEN)の気候変動に関する特別会合が開催され、今後の地球温暖化交渉に向けたアフリカ諸国のポジションが合意された。
 会議にはアフリカ諸国30カ国の環境大臣が参加。最終日に採択された「ナイロビ宣言」は、今年12月にデンマーク・コペンハーゲンで開催される第15回気候変動枠組条約締約国会議(COP15)に向け、アフリカ諸国の強い支持を示すプラットフォームとなる。
 参加した大臣らは、地球温暖化交渉について、「公平性」、「共通だが差異のある責任及び各国の能力」といった既存の原則に基づくべきことを、アフリカからの主な政治的メッセージとすることに同意。ナイロビ宣言で、より公平な気候レジームに向けた、交渉の課題とチャンスを強調した。
 また、地球温暖化への適応策を、各国や地域の開発計画・政策・戦略の中心に位置づけていくことに合意。ナイロビ宣言では、アフリカへの支援を強化するに当たっては、適応、能力開発、資金、技術開発・技術移転といったアフリカ諸国の優先課題に基づくべきだ という考えを示した。【UNEP】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク