EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ レバーからダイオキシン&PCB 混入回避のための...
次の記事へ
 件数:10440件
 新着順に表示
 3934-3941件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2009.06.17  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
ドイツ レバーからダイオキシン&PCB 混入回避のための手引きを公表
 ドイツ連邦環境省は、6月17日、手引書「食品製造の際のダイオキシン類PCB類の混入回避のために−家禽、牛、羊、豚飼育業者のための手引書」を発行した。
 ドイツの羊のレバーに、他の一部のEU諸国と同様、EU上限値を上回るダイオキシン類PCB類が混入していたことが州政府の研究で判明したことを受けて、この手引きが作成された。羊のレバーの有害物質が増加した原因は、今のところ明らかになっていない。
 連邦環境省は、原因究明プログラムをコーディネートしており、6月17日には、ボンにおいて、食品や飼料の安全性、土壌・水源保護、汚染廃棄物の専門家を集めた、連邦と州の対話が開催される。
 同省は、4月に、欧州食品安全機関に食品としての羊のレバーの安全性とその栄養価値に関する鑑定書を作成するよう依頼しているが、鑑定書は、まだ提出されていない。ドイツ連邦リスク評価研究所は、平行して審査の依頼を受け、4月7日に提出した健康に関する見解で、羊のレバーについて、当分、食用にすることを控えるよう警告を出している。
 現状を分析するために、羊のレバーのモニタリングの実施が求めらており、同時に、有害物質排出源を把握するために、養羊業者の状況を可能な限り、体系的に分析することが求められている。
 ドイツ全体での羊のレバーの流通禁止は、データの状況から、現時点では、不可能だという。【ドイツ連邦環境省】
記事に含まれる環境用語 |
PCB
ダイオキシン類
モニタリング
リスク評価
廃棄物
有害物質
プレスリリース |
http://www.bmu.de/pressemitteilungen/aktuelle_pressemitteilungen/pm/44356.php
関連情報 |
関連リンク
手引書「食品製造の際のダイオキシン・PCBの混入回避のために−家禽、牛、羊、豚飼育業者のための手引書」ダウンロード

ページトップへ