一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

気象庁 エルニーニョ監視速報を拡充

地球環境 その他(地球環境)】 【掲載日】2009.07.10 【情報源】気象庁/2009.07.10 発表

 気象庁は、日本をはじめ世界での異常気象発生をこれまでより的確に予測するため、平成21年7月から、エルニーニョ監視速報に、インド洋及び西太平洋熱帯域の海洋変動の監視・予測情報を追加すると発表。
 近年の研究により、従来のエルニーニョ監視海域(※1)だけでなく、インド洋熱帯域(※2)及び西太平洋熱帯域(※3)の海面水温変動も、日本の天候に大きな影響を及ぼすことが明らかになったことから、インド洋熱帯域及び西太平洋熱帯域における海面水温の実況と6か月先までの予測情報を追加するとともに、エルニーニョ監視海域を含めた3つの海域のいずれかで、海面水温が大きな偏差を持つ場合、天候への影響について解説した参考情報を適宜提供する。
 同庁では、これにより、日本をはじめ世界での異常天候発生をこれまでより的確に予測するとともに、異常気象発生リスクの評価に資すると期待している。

※1 北緯5度〜南緯5度、西経150度〜西経90度の南米エクアドル沖の海域
※2 北緯20度〜南緯20度、東経40度〜東経100度のインド洋海域
※3 赤道〜北緯15度、東経130度〜東経150度のフィリピン東方沖の海域

【気象庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク