一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

世界金融危機にも関わらず 過去最高 CO2排出量一人当たり年間1.3トン!

【発表日】 2009.11.18 【情報源】 国立環境研究所 【地球環境 地球温暖化

 国立環境研究所は、世界金融危機の経済的影響にも関わらず、2008年における人間活動に起因する炭酸ガス排出量は前年比で2%増加し、一人当たり年間1.3トンと過去最高に達したことを公表し。
 国際研究計画であるグローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)がまとめたレポートによると、化石燃料の燃焼によるCO2の排出は1990年のレベルから41%増加しており、ほぼ『気候変動に関する政府間パネル(IPCC)』が予想した最悪ケース・シナリオに沿った動きを追っている。
 また、全世界の大気中CO2の濃度は385ppmに達しており、産業革命以前の値と比較すると38%の増加していた。【国立環境研究所】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク