EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イギリス 大気汚染と地球温暖化防止に同時に取り組むと... 
次の記事へ
 件数:10210件
 新着順に表示
 3187-3194件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.09.20

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国立環境研究所では、2011年3月11日の東日本大震災以降、国や地方自治体、大学や関係機関と連携して様々な被災地支援の研究活動を行ってきました。その取り組みは、長年培ってきた環境研究の知識と経験をもとにした「災害環境研究」という新たな分野として位置づけられ進めてきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2010.03.03  情報源 | イギリス  カテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
イギリス 大気汚染と地球温暖化防止に同時に取り組むとお得に
 イギリス環境・食糧・農村地域省は、大気汚染防止と地球温暖化防止に同時に取り組むことで、240億ポンドを節約できるとする報告書「大気汚染:変動する気候の中での行動」を公表した。
 大気汚染は、近年、著しく改善しているが、大気汚染による影響は、未だに、毎年150億ドルに上っている。報告書によると、地球温暖化大気汚染は発生源が同じことも多く、地球温暖化対策を講じる際に、大気汚染の健康影響にも配慮するようにすると、政策や投資の多くを活かし、より費用対効果的な方法で、両方の目的を達成することができる。長期的には、再生可能エネルギーによる発電や水素燃料電池車の促進、農業分野での窒素分の削減といった取り組みが、地域の大気質の改善や地球温暖化防止の双方にメリットがあるという。
 同省の主席科学官のワトソン氏は、環境問題をバラバラに扱うことは効果的でも効率的でもないことを長い間、繰り返し見てきたと指摘し、複雑さに対処する調整のとれた見方が必要で、対策のコベネフィットを最大化するよう求めていく と述べた。【イギリス環境・食糧・農村地域省】
記事に含まれる環境用語 |
再生可能エネルギー
大気汚染
地球温暖化
窒素
燃料電池
プレスリリース |
http://www.defra.gov.uk/news/2010/100303c.htm
関連情報 |
関連リンク
報告書「大気汚染:変動する気候の中での行動」

ページトップへ