EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、含鉛塗料の中毒防止のため規制を強化 
次の記事へ
 件数:10445件
 新着順に表示
 3237-3244件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2010.07.06  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> その他(健康・化学物質)
アメリカ環境保護庁、含鉛塗料の中毒防止のため規制を強化
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、1978年以前に建てられた建物の改築・修理・塗装作業を行うすべての業者が、に対して安全な作業方法を採るよう義務付ける新たな規則を導入した。これまでもに対し安全な作業方法を義務付ける規則はあったが、建物内に6歳以下の子どもがいない場合は、所有者や居住者がこうした方法を請負業者に採らせなくてもよいとする「適用除外」の条文が含まれていた。新たな規則では、この条項を削除し、年齢にかかわらず、居住者や訪問者がによる健康被害を受けないようにする。EPAの規則では、建物の建設・改築業者の作業方法と、訓練を実施する指導者はそれぞれ認定を受けなければならない。これまでにEPAは254人の訓練指導者を認定、修繕業者約32万人にの危険に対し安全な作業方法の訓練を実施した。訓練を受けられない地域にいる業者に対しては、新規則に従うための猶予期間を設けており、企業は2010年10月1日まで、個人は訓練の申し込みをしていれば2010年9月30日まで、認定要件を満たさなくとも違反としないことになっている。【EPA
記事に含まれる環境用語 |
EPA
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/e417aa5fc2e5d6c285257758004733a9!OpenDocument

ページトップへ