一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

公開シンポジウム「大気海洋結合モデルが拓く長期予報新時代」 開催

【発表日】 2010.11.05 【情報源】 気象庁 【地球環境 その他(地球環境)

 気象庁は、平成22年12月8日に公開シンポジウム「大気海洋結合モデルが拓く長期予報新時代」を東京・千代田区の気象庁講堂において開催すると発表。
 今回のシンポジウムは、エルニーニョ現象等の大気と海洋の変動による影響の予測、最先端の季節予報システム、季節予報の応用利用、将来展望等について、国内外の専門家による講演を行う予定。
 シンポジウムへの参加には事前の登録は不要。但し定員は200名となっている。

○開催日程
日時:平成22年12月8日(水)14:00〜17:20 (開場 13:30)
場所:気象庁講堂(東京都千代田区大手町1-3-4)
アクセス方法:東京メトロ竹橋駅4番出口

○問い合わせ先
気象庁地球環境海洋部・気候情報課
Tel: 03-3212-8341(内線4224)

【気象庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク