一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「市民と森林をつなぐ国際森林年の集い in 岡山県真庭市」 開催

【発表日】 2011.06.17 【情報源】 林野庁 【地球環境 森林の減少

 農林水産省は、平成23年7月17日に真庭市、岡山県との共催によりシンポジウム「市民と森林をつなぐ国際森林年の集い in 岡山県真庭市」を岡山県真庭市の北房文化センターホールにおいて開催すると発表。
 今回のシンポジウムは、国際森林年記念事業として開催するもので、「次世代への継承−森林循環のバイオマス利活用と多様な主体による森づくり」をテーマに、コメンテーターにC・W・ニコル氏を迎えてリレートーク等を実施する。
 また、「森の”聞き書き甲子園”(※)」の名人達の技術や知恵を次世代に継承するために、映画「森聞き」の上映会も実施する。
 先着順で350人の参加者を募集。参加希望者は、国際森林年国内委員会事務局まで申し込むことが必要。

○問い合わせ・申込先
国際森林年国内委員会事務局(電話03-5477-2678担当:中山、牧下、福島)
FAX:03-5477-2609
電子メール:maniwa@nousanson.jp

※「森の”聞き書き甲子園”」は、全国の高校生100人が森とともに生きる知恵や技を持つ「森の名手・名人」を訪ね、その知恵や技術、人となりを”聞き書き”し、記録する活動のこと

【林野庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク