一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「市民と森林をつなぐ国際森林年の集い in 福島」 11月13日に開催

【発表日】 2011.09.15 【情報源】 林野庁 【地球環境 森林の減少

 林野庁は、平成23年11月13日(日)にシンポジウム「市民と森林をつなぐ国際森林年の集い in 福島」を福島県郡山市の郡山ユラックス熱海において開催すると発表。
 このシンポジウムは、国際森林年記念事業として開催するもので、三重県の集いでは、東日本大震災を踏まえ、被災地から「ふるさとの森と水の大切さ」を発信し、未来に大切に手渡すための方策を探るために、「ふくしま再生 森と水シンポジウム」を開催する。
 東京農業大学教授で国際森林年国内委員会委員の宮林 茂幸氏による基調講演「国際森林年によせて、流域から考える森林と人」を行うほか、パネルディスカッション「いのちの森林を育む福島の森と水」を実施する。
 林野庁では、先着順で500名の参加者を募集。参加希望者は、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を明記のうえ、郵送、FAXまたは電子メールにて申し込むことが必要。

○申込先
福島民友新聞社 企画推進部 「国際森林年」係
はがき:〒960-8648 福島民友新聞社 企画推進部 「国際森林年」係(住所不要)
FAX:024-523-1681
電子メール:shinrinnen@minyu.jp

【林野庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク