一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

大規模出生コホート調査に関する国際作業グループ 開催

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2011.09.21 【情報源】環境省/2011.09.20 発表

 環境省は、平成23年9月17日にスペイン・バルセロナで、大規模出生コホート調査に関する国際作業グループの第一回会合が開催されと発表。
 今回の会合は、平成23年1月に始まった日本の「子どもの健康と環境に関する全国調査」(エコチル調査)や、米国で予備調査が行われている「全米子ども調査」など、子どもの健康と環境との関連を解明するための大規模なコホート調査(人口集団を追跡する疫学調査)について国際的な連携を図っていくため、世界保健機関と日米独の調査担当機関の呼びかけにより開催することが決まったもの。
 会合では、各国の調査のデータを結合して大規模な解析ができるよう、健康状況の把握の方法や化学物質の測定手法の共通化・標準化に向けて今後の専門家会合で検討していくことで合意した。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク