一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

ヤンバルクイナなど野生動物の交通事故過去最悪 環境省交通事故防止を呼びかけ

【発表日】 2012.06.28 【情報源】 環境省 【自然環境 野生動植物

 環境省那覇自然環境事務所は、「やんばる地域ロードキル発生防止に関する連絡会議」が実施している「ストップ!ロードキル」運動の一環として、ロードキル防止を呼びかける車両用マグネットを6月20日から配布している。
 この取組は、近年増加しているレンタカー利用者がロードキル発生の当事者とならないように注意を呼びかけるとともに、路上や駐車場でマグネットの付いた車両を見た方々にも注意を促すことを目的とするもの。
 マグネットの図柄は、ヤンバルクイナとケナガネズミの2種類があり、自由に選ぶことが出来る。それぞれ600枚用意されていおり、無くなり次第終了となる予定。
 なお、那覇自然環境事務所によると、平成24年のヤンバルクイナ交通事故件数は、6月25日までで29件発生しており、平成23年6月末までの19件を10件も上回る過去最悪のペースとなっている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

ヤンバルクイナ、ケナガネズミ 交通事故過去最悪のペース(国内ニュース)

ヤンバルクイナ、ケナガネズミ 交通事故過去最多(国内ニュース)

環境省 「2011年イリオモテヤマネコ夏の交通事故防止キャンペーン」実施(国内ニュース)

関連リンク