EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イオン、壁面緑化や太陽光発電など環境設備を導入した「... 
次の記事へ
 件数:29719件
 新着順に表示
 9881-9888件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2012.10.23  情報源 | 企業  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
イオン、壁面緑化や太陽光発電など環境設備を導入した「イオン貝塚店」オープン
 イオンは、壁面緑化や太陽光発電など環境に配慮する設備を導入した総合スーパー「イオン貝塚店」を大阪府貝塚市に11月24日開店する。1987年に開業した旧「ジャスコ貝塚店」を2008年に一時閉店し、建物、売り場を全面的に一新して環境対応店舗にした。オープンに先立ち、店舗の敷地内で「ふるさとの森づくり」植樹祭を開催する。

 緑化は、壁面と屋上を合わせて計1250m2となり、建物への日射量を減らして表面の温度を下げ、省エネにつなげる。太陽光発電システムは約110m2にわたってソーラーパネルを設置し、15kWの発電容量を確保する。施設内の照明はすべて、消費電力が少ないLED(発光ダイオード)にした。2台分の電気自動車(EV)充電スペースも備える。

 駐車場を再生アスファルトで舗装したほか、駐車場の車止めや植栽の周囲に間伐材を利用するなど、資源の有効活用を図った。植樹祭は、新店舗開店の際に地域に自生する木の苗木を植え、育てていく取り組み。イオン貝塚店では10月28日に約6000本を地域の約600人と植える。イオンの国内外での植樹本数はこれで累計約980万本になる。

 イオン貝塚店は敷地面積2万8300m2、2階建て。商業施設は1万5740m2となり、イオンの直営は1万630m2。JR阪和線の和泉橋本駅から徒歩5分に立地する。地域のボランティア団体の支援や、従業員による店舗周辺、公共施設の清掃「クリーン&グリーン活動」を実施。災害時の物資供給や避難場所としての利用など地域防災にも協力する。【イオン(株)】

記事に含まれる環境用語 |
ソーラーパネル
間伐
太陽光発電
電気自動車
プレスリリース |
http://www.aeon.info/news/2012_2/pdf/121023R_2_1.pdf
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
ミニストップ、店舗に太陽光発電システムを導入、2014年度までに約900店に設置(国内ニュース)
ソーラーフロンティア、北海道江別市でのメガソーラー建設で同市と調印(国内ニュース)
デンソー、ヤマト運輸など、商業施設用エネルギー・マネジメント・システムを実証(国内ニュース)

ページトップへ