EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、「アメリカの子どもと環境第3版」報...
次の記事へ
 件数:10445件
 新着順に表示
 1983-1990件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2013.01.25  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> その他(健康・化学物質)
アメリカ環境保護庁、「アメリカの子どもと環境第3版」報告書を発表
 アメリカ環境保護庁は、子どもの健康に影響する環境中のストレス要因についての各種情報をまとめた「アメリカの子どもと環境第3版」を発表した。これは、
・環境と汚染物質(大気、水、食品、土壌等の環境の状態)
・バイオモニタリング(母親と子どもの体内で測定される化学物質)
・健康状態(子どもの疾病と健康への影響)
について、それぞれの現状と傾向を示したものである。
 この報告書によると、子どもの血中濃度や血中コチニン濃度(タバコの煙への曝露の指標)が大きく減少していること、家族に喫煙者がいる子どもや国の大気汚染基準を超過している地域に住む子どもの比率も減少していることなどがわかった。
 子どもは、成長過程にあることや、体の大きさに対する食事の摂取量や呼吸量の比率が大人より大きいこと等から、環境中の化学物質や生物といったストレス要因の影響を大人より受けやすい。この報告書では、23項目のトピック(有害大気汚染物質、飲料水汚染物質、食品中の化学物質、気候変動等)と、それを測る37の指標を用いて、環境と子どもの健康に関する情報をまとめている。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
気候変動
大気汚染
有害大気汚染物質
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/bd4379a92ceceeac8525735900400c27/1fe31a8bc6eb3c4385257afe0061b1f4!OpenDocument
関連情報 |
関連リンク
America’s Children and the Environment(Third Edition)

ページトップへ