EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
伊藤園、茶の栽培による茶園土壌の炭素貯留量を測定、1ha...
次の記事へ
 件数:28666件
 新着順に表示
 6490-6497件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2013.11.19  情報源 | 企業  カテゴリ | 環境一般 >> 調査/研究
伊藤園、茶の栽培による茶園土壌の炭素貯留量を測定、1haあたりで約367tのCO2
 伊藤園は、茶の栽培による茶園土壌の炭素貯留量を測定した。1haあたりで約367tのCO2になることを確認した。茶の木によるCO2の固定だけでなく、堆肥や有機物の投入で土壌でも炭素貯留が期待できると考え、自社が展開する茶産地育成事業の新産地から複数の生産中の茶園を対象に調べた。引き続き他の産地でも調査する。
 栽培年数が異なる茶園土壌で作業通路(畝間)と、茎や葉を含む木の真下(樹冠下)に分け、表面土から深さ30cmまでの土壌を採取し、土を乾燥させて小石などを取り除いて重さや炭素率を測定した。幼木期(若い茶園)の茶園土壌は炭素の増加が見られなかったものの、成木期(6〜8年から)は土壌炭素の貯留が増えていた。
 成木期の茶園土壌は、幼木期と比較して土壌炭素含有量の平均値が約2.5倍多く、30年間の栽培管理で新たに10aあたり約10tの炭素が貯留された。1tの炭素は3.67tのCO2にあたり、1haで約367tのCO2となる。今回算出したのは黒ボク土茶園土壌(黒い土)だが、土壌の種類や栽培の違いで変わる可能性もあり、他でも測定する。
 茶の木の植物としてのCO2吸収・固定の数値については既に2008年に公表している。一般的に10aあたり約1850株が植えられ、1haの茶園で約92tのCO2を吸収・固定するとされた。伊藤園は今後、茶園造成から茶生産までのCO2吸収・固定に加えて排出に関しても明確にし、茶産地育成で環境に配慮したビジネスモデルを目指す。【(株)伊藤園】

記事に含まれる環境用語 |
堆肥
プレスリリース |
http://www.itoen.co.jp/news/detail/id=23440
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
伊藤園、独自の茶殻リサイクルシステムを活用した折りたたみチェアを共同開発(国内ニュース)

ページトップへ