一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

豊田自動織機、トヨタ子会社などとEV・PHV利用促進プラットホームの実証実施

【発表日】 2014.11.27 【情報源】 企業 【大気環境 交通問題

 豊田自動織機は、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)の利用を促進するプラットホーム(基盤)の実証事業を愛知県で実施する。トヨタ自動車の子会社でIT事業を行うトヨタメディアサービス、日本ユニシスと共同で行う。EV・PHVユーザーに有益な情報を提供して外出先での充電を促すことでEV走行率を増加させ、CO2の排出を削減する。
 トヨタメディアサービスが充電器やEV・PHV利用促進、CO2削減効果などの情報を集約する総合情報基盤を開発し、スマートフォン(多機能携帯電話)などの端末を通じて全国の充電インフラや充電インフラの周辺情報などを提供する。所要時間や目的ごとに、充電器周辺での充電待ち時間の行動を提案し、外出先での充電を勧める。これによりCO2排出削減につなげる。
 豊田自動織機は、1カ所の充電ステーションに複数台の充電器が設置された際の電力負荷を平準化してピークを抑える「複数台EV・PHV充電器電力コントロールシステム」を開発する。日本ユニシスは、自社の充電インフラのデータを基に、充電待ちや混雑を予測する機能を手掛ける。これらをプラットホームと接続してストレスのない充電環境を実現する。
 実証事業は、環境省の「2014年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択されている。2015年2月から行う。愛知県は充電インフラとEV・PHVのデータが整っていて、同県の支援も受ける。プラットホームはEV・PHV向け充電インフラに加え、燃料電池車の水素ステーションなど、将来の各種次世代自動車の情報管理を見据えた設計にする。【(株)豊田自動織機】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

トヨタ自動車、愛知でPHV・EVの充電器利用実証実験を豊田自動織機などと実施(国内ニュース)

トヨタ自動車、世界で販売したHV累計700万台突破、CO2排出抑制効果は4900万t(国内ニュース)

三菱商事、電動車両用充電器設置・ネットワーク構築の日本充電サービスに協賛(国内ニュース)

パナソニック、EV・PHV用充電設備で住宅向けのスタンド発売、ケーブルを搭載(国内ニュース)

経済産業省「EV・PHVタウンシンポジウム−in 佐賀−」7月18日開催へ(国内ニュース)