EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、全国ラドン行動月間にラドン検査を推奨
次の記事へ
 件数:10553件
 新着順に表示
 1145-1152件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2015.01.16  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 健康・化学物質
アメリカ環境保護庁、全国ラドン行動月間にラドン検査を推奨
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、2015年1月を全国ラドン行動月間とし、家庭や学校などでラドンガス濃度を検査するよう呼びかけている。ラドンは、アメリカでは喫煙に次ぐ肺がんの原因となっており、毎年2万1000人がラドンによる肺がんで死亡している。しかしラドンは無色無臭無味のガスで検査以外に確認する方法がないため、EPAでは、家族や地域社会の健康を守るために家庭や学校などで検査を行うよう奨励している。検査キットはホームセンターやオンラインなどで安価で購入することが可能で、特に冬期は、窓やドアが閉められラドンが閉じ込められる屋内で過ごす時間が長くなることから検査が望まれるという。EPAでは、すべての不動産取引にラドン検査の実施を含めることや、家を新築する際にラドンを防止できる設計を考慮することを勧めている。2015年に入ってすでにペンシルベニア州のリーハイ郡の家庭では同州で過去最高のラドン濃度を記録した。EPAでは濃度が4ピコキュリー/リットルを超えた場合は改修工事を行うよう勧告している。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/73a667fd888fe77b85257dc7006ba6e6!OpenDocument

ページトップへ