一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 2014年は地方自治体の気候保全対策に4300万ユーロを拠出

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2015.01.23 【情報源】ドイツ/2015.01.12 発表

ドイツ連邦環境省は、2014年、地方自治体が行う気候保全プロジェクト約1200件に対し、4300万ユーロ弱を拠出したことを公表した。需要が高かった分野は気候保全技術への投資であり、特にホールや室内の照明設備に約2400万ユーロが投じられた。さらに気候保全マネージャーの採用も多く、77件に対して助成が行われた。ヘンドリックス大臣は、「地方自治体は市民とのインターフェースであることから地方自治体における気候保全は特に重要である。人々の生活空間であり、気候保全を直に体験することが可能である。我々は、今後も地方自治体を支援し、これまで成果を挙げている活動を強化したい」とコメントした。2015年の助成申請は3月末までとなっている。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース