EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、薪ストーブ等の粒子状物質等の排出... 
次の記事へ
 件数:10204件
 新着順に表示
 756-763件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.09.20

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国立環境研究所では、2011年3月11日の東日本大震災以降、国や地方自治体、大学や関係機関と連携して様々な被災地支援の研究活動を行ってきました。その取り組みは、長年培ってきた環境研究の知識と経験をもとにした「災害環境研究」という新たな分野として位置づけられ進めてきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.02.04  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
アメリカ環境保護庁、薪ストーブ等の粒子状物質等の排出基準を改正
アメリカ環境保護庁(EPA)は、薪を使ったストーブなど暖房器具の汚染物質排出基準改正を最終決定した。新基準は今後製造および販売される機器が対象で、既に使用されている機器には影響しない。大気浄化法(CAA)により、EPA大気汚染の原因となる固定汚染発生源について、新規汚染源排出基準(NSPS)を設定することになっている。今回発表されたEPAの最終規則は、薪ストーブ等についてこれまで設けられていた1988年の基準を改定するもので、温水暖房器、ペレットストーブなどで初の連邦基準も定めた。EPAによると、新基準に沿った新機種では、心臓発作や喘息など深刻な健康被害に関連がある微粒子やスモッグの原因物質である揮発性有機化合物VOC)の排出量が、新基準が導入されない場合に比べて70%、一酸化炭素は62%削減される。その結果、大気質を改善するとともに、国民の健康についても34〜76億ドルの利益をもたらすという。新基準は、すでに利用可能になっている技術を反映したものだが、製造者が次世代機を開発する時間をとれるよう、新基準は5年間にわたって段階的に導入される。今回の基準が最終決定に至るまで、EPAは約8000件の意見を受け取り、公聴会も1回行った。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
VOC
一酸化炭素
揮発性有機化合物
大気汚染
排出基準
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/fe4d792fde1ffcc385257de2005215d9!OpenDocument

ページトップへ