EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ 電子電気機器の製品の意図的な老朽化・故障に関... 
次の記事へ
 件数:10561件
 新着順に表示
 1082-1089件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2015.03.01  情報源 | ドイツ  カテゴリ | ごみ・リサイクル
ドイツ 電子電気機器の製品の意図的な老朽化・故障に関する調査の中間報告を公表
ドイツ連邦環境庁は、エコ研究所とボン大学に委託して実施している製品の寿命に関する研究の中間報告を公表した。これは、一般に議論されている電子・電気機器の製品の意図的な老朽化・故障に関して調査したもので、大型・小型機器、情報コミュニケーション機器といった製品の2004年から2012年までの期間のデータが分析された。これによると、消費者が購入する製品の寿命は以前より短くなっているという。特にテレビ、そして洗濯機や乾燥機、冷蔵庫といった大型家電の一部に「最初の寿命」の短期化が指摘され、一方で、ノートブックの寿命は、ほぼ変化していないことが分かった。研究後半では、製品の老朽化や故障の要因に関して体系的な分析が行われる。2015年末に研究が終了した後、連邦環境庁は、メーカーや消費者、立法機関に対する提言を行う。【ドイツ連邦環境庁】
プレスリリース |
http://www.umweltbundesamt.de/presse/presseinformationen/faktencheck-obsoleszenz

ページトップへ