一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

パナホーム、エネルギー収支ゼロを超える住宅仕様を設定、一戸建て住宅で展開

【発表日】 2015.03.16 【情報源】 企業 【エネルギー 省エネルギー

 パナホームは、エネルギー収支ゼロを超える環境性能を備えた住宅仕様「ゼロエコ」を新たに設定した。住宅の年間一次エネルギー消費量を正味(ネット)ゼロにするネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)をさらに進めたもので、自社の一戸建て住宅商品で4月1日から展開する。国が2020年までに標準的新築住宅で実現を目指す未来の仕様を先取りした。
 ゼロエコは、エネルギーを創る、活(い)かす、かしこく使う、のそれぞれで独自の未来標準を提案する。創るは、発電量トップ水準のパナソニック製太陽電池モジュール「HIT」と、リチウムイオン蓄電池ユニットを連携させる。太陽光発電の余剰電力や夜間電力を蓄電池にため、生活で効率的に放電して光熱費を抑える。非常時も有効活用できる。
 活かすは、壁や天井に加えて基礎の内側にも断熱材を施した「家まるごと断熱」で地熱を有効に利用する。床下の空気を換気システムのフィルターを通して各部屋に送る。換気システムは自動的に省エネ運転する。かしこく使うは、パナソニックのHEMS(住宅エネルギー管理システム)と、持ち運びできる住宅機器コントローラーモデルを採用する。
 ゼロエコによってパナホームの住宅商品「カサート」の場合、平均的な太陽光発電システムで約20年前の住宅と比べて光熱費を年間約28万4000万円低減する。年間売電額と合わせて約41万7000円節約できる。大容量の太陽光発電システムを搭載する「エコ・コルディスII」だと約70万9000円節減する。一戸建て住宅の50%でゼロエコ販売を目標にする。【パナホーム(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

積水化学、太陽光発電搭載住宅の電力量収支調査でゼロエネルギーが17%に拡大(国内ニュース)

ソーラーフロンティア、ニューヨークのゼロ・エネルギービルに太陽電池を納入(国内ニュース)

オムロン、グループがゼロ・エネルギー実現の環境・エネルギー実証施設を開設(国内ニュース)

ダイキン工業、新しい制御技術で年間運転効率向上のビル用マルチエアコンを発売(国内ニュース)

積水化学、太陽光発電とHEMS搭載ユーザー調査で自宅がゼロ・エネルギーか関心(国内ニュース)