EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、市民による大気汚染モニタリング調... 
次の記事へ
 件数:10122件
 新着順に表示
 632-639件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.05.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 地球温暖化などの気候変動対策は、グローバルな問題として国際社会または国全体レベルで進められていますが、基礎自治体や地域コミュニティレベルにおいても環境負荷軽減の取り組みは不可欠であります。また、東日本大震災を教訓に、地域においても通常時、緊急時を問わず確保できる「自立・分散型エネルギーの導入」などによる災害に強い地域づくりが求められています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.03.13  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
アメリカ環境保護庁、市民による大気汚染モニタリング調査を実施
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、ぜんそくの子供の割合がニュージャージー州の平均より25%高いニューワーク都市圏で、全米初めての試みとなる市民による大気汚染モニタリング調査を実施する。本調査は、市民によるモニタリングで複数地点の大気データを収集すると同時に、身近な環境データを収集するスキルと専門性を身に付けてもらうことが狙い。EPAは、二酸化窒素や粒子状物質等、ぜんそくや重篤な呼吸器疾患を引き起こす大気汚染物質のデータを同時に収集できる、ボランティア用に開発された最新の計測機器を市民に貸出し、技術訓練を支援する。また、地元の運営会社には機器の操作方法やデータ管理のソフトウェア、収集データの正確性を確保するための品質保証計画も提供して、汚染物質と発生源との関係性の調査とデータ解析も地域で実施し、市民の啓発に活かすよう促している。EPAは、本調査結果を既存の市民科学機器貸出プログラムの拡大に活用し、経験から得た教訓を他の都市と共有していきたいとしている。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
モニタリング
大気汚染
大気汚染物質
二酸化窒素
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/385efc0e5256b89985257e07004f9dc3!OpenDocument

ページトップへ