EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、ディーゼル排出ガスから港湾近辺の... 
次の記事へ
 件数:10444件
 新着順に表示
 892-899件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.04.21  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
アメリカ環境保護庁、ディーゼル排出ガスから港湾近辺の住民の健康を守る事業を助成
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、港湾のディーゼルエンジンによる大気汚染を改善する4事業に、助成金として計500万ドルを拠出すると公表した。船舶や港湾設備の大部分はディーゼルエンジンで稼働しており、多くの主要港は大都市の近くにあるため、高濃度のディーゼル排出ガスによる住民や港湾労働者への健康被害が懸念されている。この助成金は、カルフォルニア州、オレゴン州、ニュージャージー州、テキサス州の事業に提供され、ディーゼル排出量の多い旧式の設備をクリーンな新型設備へ交換するために利用される。例えば、カルフォルニア州のサンペドロ湾では、ディーゼル式クレーンを排出ゼロの全電気式クレーンに交換するという。
この助成金はディーゼル排出削減法(DERA)に基づき拠出されるもので、EPAは2008年以降600の地域で700件以上の事業に助成した。そのうち150件の事業は、港湾付近の大気質改善を目的としたもので、助成額は約1億7500万ドルに上るという。EPAは、DERA助成金1ドルにつき最大13ドルの医療費削減効果があると見積もっている。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
港湾
大気汚染
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/d5fa6c55b75d7ded85257e2e007504ec!OpenDocument

ページトップへ