EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、水圧破砕の飲料水への影響に関する... 
次の記事へ
 件数:10162件
 新着順に表示
 554-561件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.06.04  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 水・土壌環境 >> 地下水/土壌汚染
アメリカ環境保護庁、水圧破砕の飲料水への影響に関する評価書案を公表
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、水圧破砕法による天然ガスや石油の採掘の飲料水資源への影響に関し、現在の方法では広範で全体的な影響は及んでいないが、水の各使用段階には影響を与える可能性も潜んでいるとする評価書案を公表した。
 この評価書案は連邦議会の要請により作成されたもので、水圧破砕に使用する水を、取水、化学物質添加、抗井への注入、排水収集、排水処理・処分の各段階で追跡調査している。同報告書によると、入手可能なデータソースを再検討した結果、水圧破砕に関する抗井の健全性と排水管理の問題が飲料水資源に影響を与えた特定の事例が見出されたが、水圧破砕を行った抗井の総数と比べればわずかであった。一方、飲料水資源へ影響を及ぼす問題として、1)水の入手性の低い地域での取水、2)飲料水資源を含む地層への直接的な水圧破砕、3)不適切な処理による飲料水資源への排水流入、4)水圧破砕流体・排水の漏れ(逆流水や随伴水等)、などがあるという。
 同案は科学諮問委員会による再検討やパブリックレビュー・コメントを経て最終決定される。
【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
評価書
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/b542d827055a839585257e5a005a796b!OpenDocument

ページトップへ