一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

全国の828水浴場で水浴場水質判定基準達成を確認

【発表日】 2015.07.02 【情報源】 環境省 【水・土壌環境 水質汚濁

 環境省は、平成27年4月上旬〜6月上旬にかけて、全国の水浴場で地方自治体が実施した水浴場水質調査の結果をとりまとめ、発表した。
 今回調査対象となったのは、水浴場及び湖沼河川水浴場の計828か所。
 調査の結果、828か所すべてが水浴場として適当な水質を維持しており、うち全体の約83%にあたる688か所が、良好な水質である「水質A」以上の評価を受けた。さらにこのうち最高ランクの「水質AA」とされた水浴場が496か所(約60%)であった。
 また、病原性大腸菌O-157の調査を605ヶ所の水浴場において実施したところ、すべての水浴場で検出されなかった。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ