EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
欧州環境庁、長距離越境大気汚染物質の排出インベントリ1...
次の記事へ
 件数:10169件
 新着順に表示
 522-529件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.07.02  情報源 | EU  カテゴリ | 大気環境
欧州環境庁、長距離越境大気汚染物質の排出インベントリ1990–2013年版報告書を公表
 欧州環境庁(EEA)は、長距離越境大気汚染物質条約(LRTAP)の下、EU排出インベントリ1990–2013年版報告書を公表し、ほとんどの大気汚染物質が長期的な減少傾向にあるものの、依然として多くの国が排出上限を超えていることを明らかにした。主な報告内容は下記の通りである。
・EU全28カ国で1990年以降、最も減少したのは硫黄酸化物で87%減。一酸化炭素非メタン揮発性有機化合物窒素酸化物アンモニアもそれぞれ66%、59%、54%、27%減少。しかし過去10年間は、それ以前とくらべ減少率が鈍化。
・粒子状物質(PM10とPM2.5)は2000〜2013年で約20%減少。
カドミウム水銀ダイオキシン等も1990 年以降大幅に減少。
・LRTAPのヨーテボリ議定書で定めた4物質(窒素酸化物非メタン揮発性有機化合物硫黄酸化物アンモニア)のEU15カ国全体の排出上限は達成された。しかし2013年はEU内8カ国が1物質で超過、オーストリア、アイルランド、ドイツは2物質で超過。
今回の報告書では、初めてブラックカーボンの排出量も示された。報告書のデータは、EEAの大気汚染物質排出データビューアで閲覧できる。【欧州環境庁】
記事に含まれる環境用語 |
PM2.5
アンモニア
カドミウム
ダイオキシン
一酸化炭素
水銀
大気汚染物質
窒素酸化物
非メタン揮発性有機化合物
硫黄酸化物
プレスリリース |
http://www.eea.europa.eu/highlights/air-pollutant-emissions-declining-but

ページトップへ