EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ボン条約等の南部アフリカ締約国、農薬や鉛弾などによる... 
次の記事へ
 件数:10208件
 新着順に表示
 500-507件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.09.20

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国立環境研究所では、2011年3月11日の東日本大震災以降、国や地方自治体、大学や関係機関と連携して様々な被災地支援の研究活動を行ってきました。その取り組みは、長年培ってきた環境研究の知識と経験をもとにした「災害環境研究」という新たな分野として位置づけられ進めてきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.08.25  情報源 | 国連  カテゴリ | 健康・化学物質
ボン条約等の南部アフリカ締約国、農薬や鉛弾などによる鳥類の中毒を防止するガイドラインの実施促進
 ボン条約(移動性野生動物種の保全に関する条約、CMS)、アフリカ・ユーラシア渡り性水鳥保全協定(AEWA)、猛禽類保護に関する覚書(CMS Raptors MoU)は、南アフリカ10か国と野生生物専門家を招集し、移動性鳥類をはじめ重要な捕食者にも脅威となっている中毒の問題について、ガイドライン実施促進のための協議を行った。ガイドラインは、2014年11月の条約締約国会議において100カ国超の賛同を受けて策定され、農薬や毒餌、獣医による薬品治療、狩猟における弾などによる中毒の防止・管理手法をまとめている。アフリカでは毎年多くの鳥類が中毒死し、特にハゲワシは、農薬に汚染された動物の摂取や伝統薬としての捕獲、密猟者による毒餌の散布などによって、ここ10年間で60%以上が中毒死し、急激に減少。ガイドラインでは、猛禽類の抑制における毒餌の使用禁止のほか、法規の策定、現行法の強化、毒性の強い物質の入手制限等を推奨しており、南アフリカ諸国ではその実施計画の準備を進めていくとしている。【ボン条約
記事に含まれる環境用語 |
ボン条約
水鳥
鳥類
猛禽類
プレスリリース |
http://www.cms.int/en/news/countries-meet-tackle-poisoning-birds-southern-africa

ページトップへ