EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ 農業部門における環境保全の進展に関する研究報... 
次の記事へ
 件数:10294件
 新着順に表示
 527-534件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.10.12

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 人の健康及び生活環境に被害を生ずるおそれがあるポリ塩化ビフェニル(PCB)。PCBが含まれているPCB廃棄物の処理は、一日も早く完了させなければならない喫緊の課題です。現在、高濃度PCB廃棄物は、全国5カ所の中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)の処理施設で処理が進められていますが、定められた期限を遵守して、一日も早く高濃度PCB廃棄物の処理を完了させるため、PCB特別措置法を改正して、制度的な措置を講じることとしました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.10.12  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 健康・化学物質
ドイツ 農業部門における環境保全の進展に関する研究報告書を公開
 ドイツ連邦環境庁は、1985年以降の農業の影響による環境汚染の変化に関する研究結果を公表した。これによると、過去30年間における農業部門の環境保全は緩やかに進展しているという。しかし、土壌や大気に含まれる窒素や化学殺虫剤による地下水の汚染といった古くから存在する多数の問題は改善しているものの解決には至っていないことが指摘されている。例えば、1985年には窒素含有量の制限値を超過していた土地の面積は90%であったが、現時点でもその面積は50%となっている。さらに、これらの問題に加え、1985年には課題として挙げられていなかった農場の土壌の表面や地中に蓄積するプラスチックやマイクロプラスチックなどの新たな問題が発生していることが指摘されている。研究は、ドイツ環境問題専門家委員会(SRU)が1985年に公開した特別鑑定書「農業における環境問題」から30年を記念して実施されたもの。SRUのハーベー委員長は、「特に、種の保護の改善が進んでいない。種やビオトープが農業により減少している。これにより、我々が持つ種の宝庫の重要な部分が失われ、再び取り戻すことが難しくなる」とコメントした。【ドイツ連邦環境庁】
記事に含まれる環境用語 |
ビオトープ
殺虫剤
地下水
窒素
プレスリリース |
http://www.umweltbundesamt.de/presse/presseinformationen/umweltschutz-in-der-landwirtschaft-kommt-zu-langsam

ページトップへ