一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

気候エネルギーソリューションセンター、気候変動に対し企業、都市、州が連携する新フォーラムを起ち上げ

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2015.10.26 【情報源】研究機関/2015.10.08 発表

 気候エネルギーソリューションセンター(C2ES)は、企業、都市、州が連携して気候変動への対応策を検討するための議論の場として、新たなフォーラムを起ち上げたと発表した。C2ESは、気候変動に対する最も現実的で有効な解決策を構築するには部門間の連携が重要だとし、今後2年間にわたってアメリカ全土で企業、都市、州の責任者らが参加する一連のフォーラムを開催する。このフォーラムは、主に以下の3つの課題に取り組む。
1)電力部門の排出削減へ向けたクリーン電力計画の下、「市場に基づく戦略」を採用する。
2)クリーン電力、効率化、その他の気候関連の取組のために「革新的な方法で資金を動員」する。
3)地域社会の気候変動に対する「回復力」を強化する。
フォーラム起ち上げのため、C2ESはすでに一連の公開協議をワシントンで実施し、これには350人以上の専門家、利害関係者、企業や政府の代表が参加した。また、デトロイト、ニューオリンズ、フィラデルフィア、フェニックス、シアトルでのワークショップも始まっている。C2ESは、フォーラムで形成された推奨案を、全国の政策や投資の決定に役立つよう公開するとしている。
【気候エネルギーソリューションセンター】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース