EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国連環境計画、生分解性プラスチックは海洋生態系への負... 
次の記事へ
 件数:10712件
 新着順に表示
 894-901件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2015.11.17  情報源 | 国連  カテゴリ | 環境一般
国連環境計画、生分解性プラスチックは海洋生態系への負荷軽減にならないと報告
 国連環境計画(UNEP)は、生分解性プラスチックが海洋環境へ及ぼす影響に関する報告書を公表した。UNEPの最近の推定によると、世界の海洋に年間2000万トンものプラスチックが流出している。しかし、報告書によるとプラスチックの完全な生分解は海洋環境の条件下ではほとんど起こらないという。例えば、一般的な用途で最もよく使用されているプラスチックの種類であるポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)などは海洋環境では生分解性がなく、ポリマーは陸上の特定の条件下では分解しても海洋では分解が非常に遅いという。また、生分解性という表示はプラスチック廃棄物処理の問題が技術的に解決可能であるかのように見えることから、一部の人が行動を変えようとしなくなるとする報告もある。UNEPは、プラスチック廃棄物の問題をすぐに技術的に解決することはできず、プラスチックのライフサイクルを通した管理をより責任を持った方法で行う必要があるとしている。【国連環境計画】
記事に含まれる環境用語 |
生態系
途上国
プレスリリース |
http://www.unep.org/newscentre/Default.aspx?DocumentID=26854&ArticleID=35564&l=en

ページトップへ