EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、州の境を越えて運ばれる大気汚染物... 
次の記事へ
 件数:10164件
 新着順に表示
 341-348件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.11.17  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
アメリカ環境保護庁、州の境を越えて運ばれる大気汚染物質の規制改定案を公表
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、州の境を越えて運ばれる大気汚染物質の規制(CSAPR)を、国の環境大気質基準(NAAQS)の2008年オゾン基準に沿って改定する案を発表した。EPAによると、改定案は2017年以降、アメリカの東部23州の発電所が排出する夏季の窒素酸化物(NOx)の量を大幅に削減し、その風下での地表オゾン(スモッグ)問題を軽減するという。地表オゾンへの曝露は呼吸器系や心血管系の健康被害の原因になるとされており、EPAは改定案によって数百万人のアメリカ国民の健康と生命が守られ、その健康への利益は12億ドルに上るとしている。健康被害を防ぐほか、湖沼や河口、森林などの生態系を守り、自然公園の視界を高める効果もあるという。この改定案は、大気浄化法の「よき隣人」規定に基づくもので、EPAは、州境を超えて広がる汚染物質に取り組む各州の義務の履行を支援するものだとしている。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
オゾン
湖沼
自然公園
生態系
大気汚染物質
窒素酸化物
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/78f8d7c6b801b81e85257f00005181bb!OpenDocument

ページトップへ