EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
富士通、農業ICT「食・農クラウド」を愛知県のJA西三河に...
次の記事へ
 件数:28566件
 新着順に表示
 2856-2863件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.09.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国における廃棄物の適正処理等を確保するため、本年6月に廃棄物処理法が改正されました。改正法においては、平成28年1月に発覚した食品廃棄物の不正転売事案を始めとする廃棄物の不適正処理事案の発生や、雑品スクラップの不適正な保管等による生活環境保全上の支障の発生等を受け、廃棄物の不適正処理への対応の強化(許可を取り消された者等に対する措置の強化、マニフェスト制度の強化)、有害使用済機器の適正な保管等の義務付け等の措置を講じました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2015.11.30  情報源 | 企業  カテゴリ | エコビジネス >> その他(エコビジネス)
富士通、農業ICT「食・農クラウド」を愛知県のJA西三河に提供、生産技術向上
 富士通は、農業ICT(情報通信技術)「食・農クラウドAkisai(アキサイ)=秋彩」の生産マネジメントを愛知県西尾市の西三河農協(JA西三河)に提供した。JA西三河では、愛知県経済農協連合会(JAあいち経済連)の推進に基づいて導入し、生産技術の向上に向けて運用を始めた。収益や効率性の高い農業経営を目指す。
 クラウドはインターネットを介してサービスを提供する方法を指す。アキサイの生産マネジメントは、生産現場での日々の作業実績や農薬・肥料散布量などのデータを生産者がスマートフォン(多機能携帯電話)から入力することで、記録としてインターネット上に蓄積する。データは生産者やJAグループで共有・活用できる。
 JAあいち経済連はこれまで、JA西三河と、愛知県豊川市のひまわり農協(JAひまわり)で農業ICT適用の実証を実施した。今回運用を始めた生産マネジメントには、この実証で得られた作目別生産者組織(部会)での共有データや多品目栽培の効率化などの知見を反映している。JA西三河は作業や環境の情報を部会で共有する。
 キュウリ、イチジク、トマト、イチゴなどの部会で活用し、対象栽培品目を拡大しながら、データを生かして産地全体で生産技術の向上を図る。生産マネジメントの導入によって生産性向上、生産計画に基づく契約販売の拡大、出荷予測の精度向上、コスト低減に向けた農業経営者への指導強化といった効果が見込まれるという。【富士通(株)】

プレスリリース |
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2015/11/30.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
NEC、「海外大規模農場分析ソリューション」開発、カゴメとポルトガルで実証(国内ニュース)
パナソニック、営農指導員と農業者をつなぐICT管理システムの実証実験を開始(国内ニュース)
NEC、グループが新規就農者育成を支援する農業ICTソリューションの販売を開始(国内ニュース)
イオンリテール、次世代型食品生産トライアルを会津若松市、東京農業大と開始(国内ニュース)
富士通、植物生態情報に基づいたICT活用による農業高度化へベンチャーと協業(国内ニュース)

ページトップへ