EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
東京都、「シティチャージ」運用開始太陽光からスマホな... 
次の記事へ
 件数:30359件
 新着順に表示
 4564-4571件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.10.29  情報源 | 地方自治体  カテゴリ | エネルギー >> 再生可能エネルギー
東京都、「シティチャージ」運用開始太陽光からスマホなど充電
 東京都などは、太陽光パネルからの電気でスマートフォンや携帯電話を無料で充電できるソーラー充電スタンド「シティチャージ」を東京都港区の東京タワーと虎ノ門ビルズに設置し、運用を始めた。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、東京都環境公社と設置事業者のシャープが連携して実施する国内初の取り組み。
シティチャージは、高さ約3.8mの柱の上に太陽光パネル(幅約2.5m)を設置。約60台分の電気を蓄えられる蓄電池を搭載し、夜間・雨天時でも充電可能で、非常用電源としても活用できる。外国人観光客にも分かりやすいよう、ピクトグラム(絵文字)で表示した。海外では米ニューヨークなどで導入されている。
 先に導入された東京タワーでの利用者の声を反映し、虎ノ門ヒルズでは、雨対策として充電ボックスが自動で閉まる仕様に改良した。都は順次、設置場所の拡大を図るとしている。
 舛添要一都知事は「シティチャージは、東京の未来にとって非常にシンボリックな意味を持っている。東京を世界一環境にやさしいスマートシティに変えたい」と話している。東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センター TEL:03-5990-5061【東京都】

記事に含まれる環境用語 |
地球温暖化
プレスリリース |
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/10/20patg00.htm
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
NECヨーロッパがロンドンのグリニッジ王室特別区とスマートシティーで協業(国内ニュース)
三菱重工、カンボジア「スマートシティ構想」で道路交通ソリューションを開発(国内ニュース)
NEC、静岡県富士市の地方鉄道と連携したスマートシティー構築可能性調査を実施(国内ニュース)
パナソニック、横浜の事業所跡地に野村不動産と次世代スマートシティーを開発(国内ニュース)
三井不動産、「柏の葉スマートシティ」で電力貯蔵用電池システムの運転を開始(国内ニュース)

ページトップへ