一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

三菱化学・三菱レイヨン、排水処理事業を統合、三菱レイヨングループに一元化

【発表日】 2016.01.28 【情報源】 企業 【水・土壌環境 水質汚濁

 三菱化学と三菱レイヨンは、両社のグループ企業の排水処理事業を統合する。三菱化学グループでエンジニアリング事業の三菱化学エンジニアリングの関連事業を、三菱レイヨングループで水処理装置を手掛ける三菱レイヨンアクア・ソリューションズに一元化する。事業の相乗効果を高め、排水処理のソリューション提案力を強化する。
 三菱化学エンジニアリングがこれまで展開してきた排水処理事業を会社分割の方法で分け、4月1日付で三菱レイヨンアクア・ソリューションズが承継する。含油排水処理装置「ダイヤマルス」、高濃度有機系排水処理、膜ろ過浄水システム、膜分離活性汚泥処理システムの各事業を三菱レイヨンアクア・ソリューションズに移す。
 三菱化学、三菱レイヨンとも三菱ケミカルホールディングスの傘下企業で、同ホールディングスグループの排水処理を含む水関連事業は現在、三菱レイヨンアクア・ソリューションズが実施している。同社は三菱レイヨンが行っていた排水処理向け中空糸膜や排水処理装置などの販売事業を2015年4月1日に統合し、日本錬水から社名変更した。
 三菱レイヨンアクア・ソリューションズはその後、水環境と高機能分離材事業の部材、装置の販売からエンジニアリング、メンテナンスまでを行う総合水処理エンジニアリング会社として活動している。今回さらに三菱化学エンジニアリングの排水処理事業を加え、さまざまな商材や技術を組み合わせたソリューションの提案を実現する。【三菱レイヨンアクア・ソリューションズ(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ