EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
欧州環境庁、自動車から排出される大気汚染物質の計測値... 
次の記事へ
 件数:10554件
 新着順に表示
 648-655件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2016.01.27  情報源 | EU  カテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
欧州環境庁、自動車から排出される大気汚染物質の計測値が実際より低く見積もられ得る理由を説明
 欧州環境庁(EEA)は、自動車から排出される大気汚染物質が試験場での計測値と実際とで異なる場合がある理由を報告書で説明した。欧州では、過去数か月間、排出量が計測値と実際とで異なることがメディアで取り上げられており、この報告書はそうした疑問に分かりやすく答えるもの。報告書によると、窒素酸化物(NOx)の排出量は計測値よりも実際の方が7倍以上高い可能性があり、二酸化炭素(CO2)は計測値よりも実際の方が最大40%高いという。この違いの主な理由としては、
1)試験場での計測方法が旧式なこと
2)試験手順に関して自動車メーカーに柔軟性を提供していること
3)実際の使用時には運転手の癖や環境条件などの影響があること
があるという。今後EUでは、実際と一致した排出量を計測できるようにするため、1)試験手順を刷新すること、2)路上での実際のNOx排出量を計測する手順を組み込むこと、が検討されているという。【欧州環境庁】
記事に含まれる環境用語 |
大気汚染物質
窒素酸化物
二酸化炭素
プレスリリース |
http://www.eea.europa.eu/highlights/explaining-vehicle-emissions-2013-why

ページトップへ