一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

平成28年度予算案における環境保全経費の総額、2兆1,337億円

環境行政 行政資料】 【掲載日】2016.02.05 【情報源】環境省/2016.02.05 発表

 環境省は、平成28年2月5日、政府の経費のうち地球環境の保全、公害の防止並びに自然環境の保護及び整備に関する経費として、平成28年度環境保全経費をとりまとめた結果、総額が、2兆1,337億円になったと発表。
 環境保全経費は、環境保全関連の施策が政府全体として効率的、効果的に展開されるよう、環境省が次年度に重点的に推進すべき事項を盛り込んだ見積り方針を関係府省にあらかじめ提示、調整を行った上で環境基本計画に示された施策体系に沿ってとりまとめているもの。
 平成28年度予算案における環境保全経費の主な特徴は、平成28年度からの復興・創生期間においても着実に放射性物質による環境汚染等への対処を進めるため、放射性物質により汚染された土壌等の除染の実施や中間貯蔵施設の整備、放射性物質に汚染された廃棄物の処理に係る予算などを増額したことから、「放射性物質による環境汚染の防止」の区分に係る予算が大幅に増額となった。
 また、我が国として2030年度に2013年度比26.0%削減する温室効果ガス削減目標を着実に実行するため、地球温暖化対策のための新たな施策が措置されたことから、「地球環境の保全」の区分に係る予算が増額となった。
  環境保全経費概算要求額の内訳は、[1]地球環境の保全 5,541億円[2]生物多様性の保全及び持続可能な利用 1,450億円[3]物質循環の確保と循環型社会の構築  975億円[4]水環境、土壌環境、地盤環境の保全 894億円 [5]大気環境の保全 1,886億円[6]包括的な化学物質対策の確立と推進  49億円[7]放射性物質による環境汚染の防止 9,286億円[8]各種施策の基盤となる施策等 1,256億円--となっている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ