一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

環境省と株式会社イトーヨーカ堂が「COOL CHOICE」の普及啓発で連携

【発表日】 2016.05.30 【情報源】 環境省 【地球環境 地球温暖化

 環境省は、「COOL CHOICE」の更なる認知度向上を図り、身近な生活のなかで、未来のために、今選択できるアクションへの参加を呼びかけるため、株式会社セブン-イレブン・ジャパンと連携施策を実施する。

 株式会社イトーヨーカ堂は、店舗で提供するレジ袋(有料・無料とも)に「COOL CHOICE」のロゴを掲示。「マイバック持参によるレジ袋削減」を呼びかけることや、精肉と鮮魚売場の再生トレーの一部に「COOL CHOICE」のロゴを記載し、店頭回収によるリサイクルの推進をPRする。エコファースト企業の株式会社エフピコと共同で取り組み、更なるCO2削減を目指す。133店舗163台で実施しているペットボトル自動回収機のリサイクルポイント(以下RP)の2倍キャンペーンを6月の1ヶ月間実施など。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

大塚食品、「COOL CHOICE」ロゴ入りボトルを販売開始

「COOL CHOICE」株式会社ローソンとの連携施策を発表

「COOL CHOICE」阪急レンタサイクル事業との連携

「COOL CHOICE」特定非営利活動法人LED照明推進協議会との連携施策

駅構内や車内で「COOL CHOICE」連携ポスターを掲出