一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

清水建設、ベトナムの枯葉剤汚染土壌を自社洗浄技術で無害化できることを確認

【発表日】 2016.10.17 【情報源】 企業 【水・土壌環境 その他(水・土壌環境)

 清水建設は、ベトナムの枯葉剤(ダイオキシン)で汚染された土壌を自社の洗浄技術で無害化できることを確認した。同国の汚染土壌の大半を占めるとみられる汚染レベルで、ダイオキシンの除去率が95%となり、洗浄した土壌の7割程度が再利用可能な水準の浄化土に再生できる。日本に持ち帰ったダイオキシン汚染土壌の洗浄実験で実証した。

 ベトナムでは、1975年に終結したベトナム戦争で米国軍が枯葉剤を散布し、それによる汚染土壌が残る。ホットスポットがダナン、ビエンホア、フーカット地区など28カ所で確認されている。清水建設は日本での汚染土壌処理の実績を生かし、2014年4月に枯葉剤由来のダイオキシン汚染土壌の調査を始め、2015年5月から洗浄可能性を調べた。

 ベトナム政府機関の要請で2015年11月にダイオキシンのシンポジウムで洗浄技術を公表し、汚染土壌の本格的な洗浄可能性調査の依頼を受けた。ビエンホア地区で回収した汚染土壌を日本に持ち帰って2016年2月から実験した。土壌をふるい分け、粒子の大きさに応じて、水洗い、こすり洗いや泡の表面に汚染物質を付着させる方法などを行った。

 泡の表面に汚染物質を付着させるのは独自の洗浄法で、枯葉剤由来のダイオキシンを付着しやすくする薬剤でダイオキシンの除去率を95%に高めた。無害化には1000℃以上の熱処理があるが、コストが高く排ガスの管理も必要になる。清水建設の方法は排水や排ガスの心配がなく、コストも抑えられる。今後、試験や大規模浄化事業を検討する。【清水建設株式会社】
 
提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

清水建設が設計・施工した順天堂医院の建物、環境性能評価「LEEDゴールド認証」を取得

清水建設、都市型ビオトープで10年間モニタリング実施、生物多様性向上を確認

清水建設・味の素など、東京・京橋地区の協議会がエリア・エネルギー管理を実施

清水建設、NEDOと米国ニューヨーク州でZEBの実証開始、日本の技術で電力半減

清水建設、建物付帯型水素エネルギー利用システムの開発を開始、産総研と共同研究