一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

環境省、平成27年度低コスト・低負荷型土壌汚染調査対策技術検討調査の結果を公表

環境一般 調査/研究】 【掲載日】2016.12.19 【情報源】環境省/2016.12.19 発表

 環境省は、土壌汚染対策の一環として、実証試験段階にある低コスト・低負荷型の土壌汚染の調査技術及び対策技術について、平成27年度に公募し実証試験を実施、その評価結果について取りまとめた。

 対象技術は、大成建設 (株)が実施した塩素化エチレン分解菌RHA1株を用いるバイオオーグメンテーション技術。調査結果の詳細についてはプレスリリースを参照のこと。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ