一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

大王製紙、セルロースナノファイバー配合のペーパークリーナー発売、世界で初めて

エコビジネス 環境技術】 【掲載日】2017.03.07 【情報源】企業/2017.03.01 発表

 大王製紙は、環境配慮型の次世代素材、セルロースナノファイバー(CNF)を配合したトイレ用ペーパークリーナー「エリエールキレキラ!目に見えない汚れまで徹底 トイレおそうじシートナノEX(つめかえ用)」を4月1日に発売する。トイレ用ペーパークリーナーのCNF配合は世界で初めてという。目に見えない細かな汚れも拭き取れる。

 CNFは植物由来の天然素材のため、CO2排出量が抑えられる。ナノ(1mmの100万分の1)サイズの極細繊維で、軽く強度が高い特長があり、さまざまな用途展開が期待されている。紙の原料になるパルプ繊維と混ぜると、強く結合する特性を持つ。大王製紙は三島工場(愛媛県四国中央市)にパイロットプラントを設け、2016年4月に稼働した。

 今回、独自に研究・開発した省エネ型プロセスで製造したCNFを、トイレ用ペーパークリーナーに配合した。キレキラ!の立体的な凹凸加工にCNFを加えることで、菌や尿のハネ、臭い、皮脂汚れなど目に見えないナノレベルの汚れを捕らえる。臭いの発生源を取り除き、抗菌効果で臭いの元になる雑菌の増殖を24時間防ぐ。消臭成分も配合した。

 広い範囲を拭いても破れにくい厚手のシートで、自社の従来のトイレ用ペーパークリーナー「エリエールキレキラ!1枚で徹底 トイレおそうじシート」と比べて表面の強度を約2倍にした。8枚入り2パック計16枚で販売する。CNFの活用によって機能を向上させた点をアピールし、トイレ用ペーパークリーナーの上位タイプとして展開する。
【大王製紙株式会社】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ