EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
JFEエンジ、電力子会社が横浜「臨港パーク」に電力供給、...
次の記事へ
 件数:27969件
 新着順に表示
 98-105件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.04.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本の南西部に位置する奄美群島が2017年3月に34番目の国立公園に指定されました。国内最大規模の亜熱帯照葉樹林が残され、アマミノクロウサギなど固有種や希少な野生動植物が数多く生息生育しているほか、世界的な北限に位置するサンゴ礁や石灰岩の海食崖、鍾乳洞、マングローブ、干潟など多様な自然環境がみられる地域です。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.03.27  情報源 | 企業  カテゴリ | エネルギー >> 再生可能エネルギー
JFEエンジ、電力子会社が横浜「臨港パーク」に電力供給、同所の廃棄物で発電
 アーバンエナジーは、横浜市西区の公園「臨港パーク」への電力供給を4月2日に始める。同社はJFEエンジニアリングが100%出資する電力子会社だ。同公園を含む施設の管理や会議誘致を行う横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)=同区=の施設、公園で収集される廃棄物を燃料に使って発電する。新サービス「創電割(そうでんわり)」として提供する。

 パシフィコ横浜が管理する全施設や公園の廃棄物を燃料にした電力によって、臨港パークの電力需要の一部を賄う。年間で一般家庭約100世帯分の年間電力消費量にあたる約30万kWhの電力を供給する。廃棄物は、JFEエンジの100%子会社で資源化リサイクル事業のJFE環境が収集・運搬し、同社が運営する産業廃棄物処理施設で焼却・発電する。

 そこで発電した電力をアーバンエナジーが買い取り、臨港パークに供給する枠組みで、契約電力は65kWとなる。創電割は、廃棄物から発電した電力をアーバンエナジーが買い取って、廃棄物発生元の施設に供給する場合、廃棄物の処理量に応じて電力料金を割り引く。今回、廃棄物を電力にして利用するJFEグループの複合提案が評価されて受注した。

 パシフィコ横浜は国際会議開催で国内トップの実績を誇り、持続可能な施設の実現に向けて環境負荷低減の各種の取り組みを進める。施設内で集めた全てのごみの計量・記録を徹底し、廃棄物の完全な把握と100%リサイクルを目指している。アーバンエナジーは横浜市に本社を置く電力会社で最大の販売量があり、再生可能エネルギー比率が高い。
【アーバンエナジー株式会社、JFEエンジニアリング株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
リサイクル
環境負荷
再生可能エネルギー
産業廃棄物処理施設
廃棄物
プレスリリース |
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2017/20170327074948.html

ページトップへ