EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アサヒグループHD、ビール醸造副産物でのゴルフコース管... 
次の記事へ
 件数:28188件
 新着順に表示
 283-290件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.03.30  情報源 | 企業  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
アサヒグループHD、ビール醸造副産物でのゴルフコース管理で温室効果ガスを削減
 アサヒビールを傘下に持つアサヒグループホールディングスは、ビール醸造副産物のビール酵母細胞壁を活用した農業資材(肥料)によるゴルフ場コースの管理で、温室効果ガス排出量が削減できることを確認した。新しいゴルフコースの管理を提案する。国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)と定量的に評価した。

 アサヒグループホールディングスが開発したビール醸造で発生する酵母の細胞壁を応用する農業資材が、作物の生産を大幅に高めることは、これまでも分かっていた。水稲栽培で収穫量あたりのCO2排出量が約29%削減できるとする研究結果も得られている。今回、この農業資材を利用することによるゴルフ場のグリーン管理効果を評価した。

 環境への影響が小さく、経済・社会面でも優れたゴルフコース管理システムの確立を目的に、製品やサービスに対する環境影響を評価するライフサイクルアセスメント(LCA)の手法で調べた。その結果、この農業資材を使ったゴルフコース管理は従来の方法と比べて農薬使用量が減少し、温室効果ガス排出量が約10%減少すると計算された。

 日本全体の14万4000haのゴルフコース管理に適用すると、年間で最大約4万6000tの温室効果ガスが削減できる計算になる。この農業資材は世界中のゴルフ場や公園で農薬をできる限り使用しない安全・安心な芝管理に役立つという。今後、芝管理や農業の現場での実地試験の詳細な検証・解析を進め、持続可能な植物栽培システムを提案する。
【アサヒグループホールディングス株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
温室効果ガス
プレスリリース |
http://www.asahigroup-holdings.com/news/2017/0330.html

ページトップへ