EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
欧州環境庁、主要汚染物質の排出源は石炭火力発電所と分析 
次の記事へ
 件数:10675件
 新着順に表示
 77-84件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.09.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国における廃棄物の適正処理等を確保するため、本年6月に廃棄物処理法が改正されました。改正法においては、平成28年1月に発覚した食品廃棄物の不正転売事案を始めとする廃棄物の不適正処理事案の発生や、雑品スクラップの不適正な保管等による生活環境保全上の支障の発生等を受け、廃棄物の不適正処理への対応の強化(許可を取り消された者等に対する措置の強化、マニフェスト制度の強化)、有害使用済機器の適正な保管等の義務付け等の措置を講じました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.07.09  情報源 |  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
欧州環境庁、主要汚染物質の排出源は石炭火力発電所と分析
 欧州環境庁(EEA)は、欧州汚染物質排出移動登録(E-PRTR)に報告された、最新の汚染物質排出データ(2015年)の分析結果を公表した。それによると、E-PRTRが対象とする65の事業活動の中で、主要汚染物質である二酸化炭素(CO2)、二酸化硫黄(SO2)、窒素酸化物(NOx)の排出量が最も多かったのは、これまでと同じく石炭火力発電所だった。水域への全窒素、全リン全有機炭素の排出量が最も多い施設は廃水処理施設であった。また、大気と水域への汚染物質排出量が多い施設の数を国別でみると、最も多かったのはイギリス(14施設)、次いでドイツ(7)、フランス(5)、ポーランド(5)であった。E-PRTRは、EU加盟国、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス、セルビアの大規模産業施設が排出する汚染物質91種類の排出データの登録簿で、各国が毎年報告することになっている。対象施設は発電や石油化学精製、金属加工など約3万5000か所に上る。【欧州環境庁】
記事に含まれる環境用語 |
PRTR
リン
全有機炭素
窒素
窒素酸化物
二酸化炭素
二酸化硫黄
プレスリリース |
https://www.eea.europa.eu/highlights/coal-fired-power-plants-remain

ページトップへ