EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
JXTGエネルギー、発電事業会社が北海道室蘭市でバイオマ... 
次の記事へ
 件数:28793件
 新着順に表示
 448-455件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.07.21  情報源 | 企業  カテゴリ | エネルギー >> バイオマス
JXTGエネルギー、発電事業会社が北海道室蘭市でバイオマス発電所の建設を開始
 室蘭バイオマス発電は、北海道室蘭市で「室蘭バイオマス発電所」の建設を8月1日に始める。同社はJXTGエネルギーが90%、日揮が10%出資して設立したバイオマス発電事業会社だ。木質バイオマス専焼となり、専焼では国内最大級の規模がある。着工を前に安全祈願祭を7月21日に開き、くわ入れを行った。2020年春の運転開始を予定する。

 室蘭バイオマス発電所は、4月にJXTGエネルギーとして旧JXエネルギーと経営統合した旧東燃ゼネラルの遊休地を活用し、約4万m2の敷地面積に造る。7万4900kWの出力があり、パームヤシ殻を主燃料にする。発電設備は、さまざまな燃料に対応する循環流動層ボイラーと、高い効率で発電が可能になる再熱式復水タービンで構成する。

 再熱式は、蒸気タービンで膨張した蒸気を再度ボイラーに送り、再加熱した後に再び蒸気タービンに送り込む仕組みとなり、発電効率を高められる。バイオマス発電所の中核設備となる循環流動層ボイラーは、高効率のバイオマス発電分野で高いシェアを持つ住友重機械工業の実績を評価して発注した。1時間に240tの蒸気量がある。

 事業会社の室蘭バイオマス発電は2016年10月に立ち上げた。資本金1億円で旧東燃ゼネラルの90%出資だったが、JXTGエネルギーが引き継いだ。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を活用してバイオマス発電を手掛ける。JXTGエネルギーは、17カ所・出力4万1000kWの太陽光発電と2カ所・同3000kWの風力発電も展開している。

【JXTGエネルギー株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
バイオマス
再生可能エネルギー
太陽光発電
風力発電
木質バイオマス
プレスリリース |
http://www.noe.jxtg-group.co.jp/newsrelease_jxtg/2017/20170719_01_1150234.html

ページトップへ