一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカ環境保護庁、地域の意思決定に栄養塩センサーを役立てる水質改善コンテストを開催

水・土壌環境 その他(水・土壌環境)】 【掲載日】2017.08.10 【情報源】アメリカ/2017.07.26 発表

 アメリカ環境保護庁(EPA)は、州や地域社会が低コストの栄養塩センサーを使用して栄養塩汚染の管理に役立てる方法を示すコンテスト、「栄養塩センサー・アクション・チャレンジ」の開催を発表した。2014年に開催した栄養塩センサーコンテストでは、低コストで高性能のセンサーとアナライザーの開発を促進した。今回は、低コストセンサーの効果的な利用方法、センサーとデータ管理のパートナーシップ、収集したデータを州や地域の意思決定に役立てる方法を示す。栄養塩センサーを既存の水質モニタリングに取り入れる戦略を示すことで、州や地域社会が栄養塩汚染削減で直面する障害を取り除く。第一段階では、参加チームはセンサーの導入・使用方法とコンテストの目標を達成する方法を示す行動計画を提出する。そのうち最大10チームが計5万ドルの賞金を獲得し、第二段階へ進む。第二段階では、実際にセンサーを導入してデータを収集し、計10万ドルの賞金を争うこととなる。【アメリカ環境保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース