一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ノルウェー、エチオピアの気候変動対策と経済発展のため森林の保護・再生に8000万ドルを提供へ

【発表日】 2017.08.16 【情報源】 ノルウェー 【自然環境 その他(自然環境)

 ノルウェーは、エチオピアの気候配慮型の経済発展を支援すべく、自然林の保護や森林部門の変革のために、2020年にかけて約8000万ドルを提供すると発表した。この資金をもとに、エチオピアはイノベーションや官民連携の取組を推進して森林再生コストの低減を図り、持続可能な森林の保護・再生を行っていくという。エチオピアは、温室効果ガス(GHG)排出量を2010年レベルに抑えながらも2025年までに中所得国の仲間入りすることを戦略に掲げている。このため、2025年までにBAU比(特段の対策をしない場合に比べて)2億5500万トンのCO2排出を回避する計画であり、このうちの半分を森林の保護や再生で実現する予定だが、これには前例のない大規模な自然林の保護・再生が必要になる。森林は、土壌浸食を防ぎ、地下水をたたえ、食料や燃料、建材を提供してくれるなど、天水農業に頼るエチオピア国民にとって大きな役割を果たす。また、CO2を吸収する森林の機能は、世界の気候変動対策の観点からも極めて重要である。【ノルウェー気候・環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース